ヨガの【短期的】な効果と言えるかも知れないこと。

 

日頃より、当教室をお引き立てくださり有難うございます(*^^*)


少し前に、知人と雑談をしていた中で登場したテーマ。

「脳とか心臓とかに不調があった時、それを知るための指針になるのはやっぱり、血圧なんだよ」

というお話。


私は定期的に献血をするので、血液検査というわけではありませんが、自分の血には関心があります。そして平常時のだいたいの血圧も、わかっています。(因みに高血圧でも低血圧でもないです)

でも、これは平常時の話で(つまり、慢性的にリスクを抱えているわけではないことはわかるんだけれど)、【何か】アクションがあった時ってどうなっているんだろう。ということにとても興味が湧いてきまして、

某フリマサイトにて、【スマートウォッチ】(ちょっと賢い活動計?といった感じ)を購入したのです。


朝起きたら装着。

そして実際に、血圧より興味深かったのが、歩数計機能。


あるスタンダードな一日を終えたら、4万歩を超えているんですよね(カウントのメカニズムがよくわかりませんが。本当かな…笑)。

消費カロリーにして、1700キロカロリーを超えるので、ここに基礎代謝が加わったらどんどん痩せてしまいます(汗)。


つまり私は、よく動いている。

それが第一の発見。


ところで当初の目的であったはずの血圧のほうですが、

ヨガレッスンを終えた後にちらっと計ってみたら…なんとなんと、上下共に【平常時】より10くらいずつ小さいのです。


この度合に個人差はあるでしょうが、ヨガはどうやら、血圧を下げる働きがあるらしいです。(副交感神経優位にもってゆくので理論的には既に知られていますが、実際に数字で確認できると、改めて感心。。)


高血圧気味の方におかれましては、

平常時の血圧を下げるのは一朝一夕にはいかないかと思いますが、【血圧が下がるときがある】という時間を作ることがまず第一歩だと考えていただくのが良いのでは??と思いました。


私の活動量と同じで、

【いつも高い!!】だとバランスが悪いのです。

高い時もあれば、下がることもある(現に私も毎日2800キロカロリーを消費してはいないはず)。で、許容を持ちながらバランスを何となく取れたら、それもいいのではないのかな。って。

**********

さてさて、ところで。

次の土曜日、15日10時~の町田忠生ヨガ、現在お一人もご予約がありません。

本日24時までにお申込みがない場合には、クローズとさせていただきますので、ご参加ご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにお知らせください(*^^*)


では、また♪


KIE